『装甲悪鬼村正』 足利茶々丸(絵)

こんばんは。
夏真っ盛りですね。

高校野球が少し前から始まってるのをテレビで観かけて、尚更にそれを実感しました。
家に居る間は、常に扇風機を稼働させているのが当たり前になり、いつエアコンを解禁するか迷ってます。

まぁ、それはさておいて、少し前からまた絵を描くようになったので、今回もup。
ニトロ+】の成人向けゲーム『装甲悪鬼村正』に登場する「足利茶々丸」というキャラです。

足利茶々丸 【装甲悪鬼村正】←ニトロリンク
茶々丸可愛いよ茶々丸。

個人的に愛して止まないキャラ。
アマガミ』の「梨穂子」に匹敵するか、それ以上に好きなために、
ゲームをクリアしたときは、その虚無感から矢吹ジョーみたいなポーズをとって固まってしまいました。
矢吹ジョー
茶々丸が好き過ぎて生きるのが辛い。 邪念編は未だに買おうかどうか迷ってます。

以下、余談。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクガキマニュー(絵)

こんばんは。
魔乳秘剣帖』が面白かったです。


先の第一話から映像規制のオンパレードでしたが、期待通りの作品でしたね。
あそこまで開き直って乳房を軸に話を展開していくなんて、流石としか言いようがありません。

おぱい ピーポーくん
一体どういった経緯で、この世界観を考え付いたのかが非常に気になりました。
最初は今後の展開を読みながらアニメを観ていましたが、途中から乳の事だけ考えてればいいや
という結論に至りました。真面目に考えて観てたら、楽しめるものも楽しめなくなると教えてくれる作品です。

ホッコリ ピーポーくん
とりあえず、乳房は素晴らしいという心情さえ持っていれば、十中八九楽しめる作りです。
最近こういう振り切れたアニメを観ることがなかったので、これを機会に視野を広げようと思います。

話が逸れましたが、アニメ視聴後に気持ちが昂り、勢いのまま描いてしまいました。
魔乳千房
原作は読んでないですが、きっとこんな感じの刀の抜き方もあるはずだと踏んでます。
こうなる経緯は全く想像できませんが、なんというかロマンに溢れてると思います。
ちなみに、乳は大きさよりも形こそが評価の基準であると私は思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てれび(小言)

こんばんは。
家のテレビがまた新しくなりました。

一ヵ月前にアナログから地デジ対応テレビに買い替えて、すごく満足していたんですが、
今日になって、懸賞で適当に応募したSONYの40型液晶テレビが当選して、届いてしまいました。
なんか、当選を喜ぶべきか、前のテレビが早々に荷物になったのを悲しむべきなのか…複雑な気持ちです。
正直、届いたときに「あ、邪魔くせぇ…」って思ったんですが、いまようやくスペースを確保して配置しました。
なんだよこのデカさ…1人暮らしでこんなの無用の長物だよ・・。(40型の大きさ:幅992x高636x奥260 mm)

とりあえず『地球防衛軍:IA』をやってみましたが、画面が大きいとゲームの動作が鈍いように見えますね。
 ・・・
後、いままでの距離感で観てると気持ち悪くなってきます。これは慣れるしかないだろうけど…。

 
そして、まさかこんな大画面で『魔乳秘剣帖』を観る日が来ようとは、夢にも思いませんでした。
40型テレビでの今一番の楽しみが、それってのは切ないような気もしますが…すごくワクワクしてます。



ただ、テレビが無駄に大きいと寂しさも大きくなる・・。
笑うしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクガキホァン(絵)

こんばんは。
久しぶりにペンタブ触りました。

TIGERBUNNY』のホァン。電撃可愛いです。
ほぁん
褒めると照れるって完璧な仕草だと思う。
というわけで、もっと照れるシーンを!頬を赤らめるシーンを!見たい!。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『EARTH DEFENSE FORCE:IA』(地球防衛軍)…小言。

こんにちは。
EARTH DEFENSE FORCE:IA』を買いました。


分かり易く言えば『欧米製:地球防衛軍』です。
早速レビュー等(はちま起稿)で不満の声が挙がってますが、個人的に全く問題なく遊べてます。
確かに、いままでの作品と多少感覚は違いますが、そこらへんは制作が違うってことで納得できますし。
なにより1~3まで変化がなかった地球防衛軍を違うスタイルで遊べることに、新鮮味があります。

 
ただ、ミッション数が少ないかわりに内容が少し長いので、
1人で黙々とやるのはきついのかも知れません。オフは友人と協力プレイをするのが最良だと思います。
オンに関しては、フレンドリーファイアが可能ですが、いまのところ協調性のある方ばかりと組めてます。

ついでに、今回はオペ子が喋りまくるので、そこらへんが個人的に嬉しいです。
ただ、どんな危機的状況でも半笑いっぽいのが気になりました。
主人公が窮地に追いやられれば追いやられるほど、それを見て楽しんでるんじゃないかな。
まるで、『装甲騎兵ボトムズ』の異能生存体の生還実験をしてるヨラン・ペールゼンのようなオペ子です。


まぁ…プレイせずにレビューを見た限りで、クソゲーか否かを判断するには勿体ない作品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ内記事検索
    記事検索
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
最新記事 (動画+画像)
最新コメント
月別アーカイブ
イラスト関係リンク
  • 73226c㎡ 様
ゲーム関係リンク
  • げむろぐ
  • ひびくつ
  • ものろぐ
  • ゲーわく
  • PS3ライフ
  • オモテウラ
  • 2Gamers
  • ゲーム70%
  • 泡沫GAME
  • 思考の狭間
  • P4U情報局
  • ゲームカルマ
  • kenのページ
  • じくろぐDiary
  • Game Over
  • ゲームかな―
  • 戦ヴァルブログ
  • いつまでも重黎
  • たんぶろ情報局
  • ゲームしようぜ!
  • ゲームスクウェア
  • A Yura's Blog
  • ソニーvs任天堂
  • ゲーム動画ブログ
  • Gameyam 3DS
  • ゲ―マ―の手引き
  • PS3 Watch.net
  • suke's game log
  • 一生げーまー宣言!
  • まったりゲーム日記
  • PS3 DOMINATER
  • ほのぼのGaMeLiFe
  • わぷわぷだいあり~♪
  • 独り善がりなゲームログ
  • 私はゲームを続けるよ!
  • 影狼のゲーム攻略区画 
  • ゲーム情報&ブログ2.0
  • PlayStation-CSブログ
  • ゲーム好きの戯言ブログ
  • 鋼鉄親子でゲーム漬け!
  • PSPとPS3でほっと一息♪
  • PS3 おすすめソフト案内
  • Youtubeゲーム動画館 
  • ゲーム情報!ゲームのはなし
  • ちょっとゲーム好きが通ります
  • 素晴らしきゲーム音楽セカイ
  • PS3/PSVitaゲームやろう!
  • おすすめゲーム実況まとめチャンネル 
  • ゲーム・アニメ複合関係リンク
  • プロじゃないから恥ずかしくないもん